スキー場の車中泊で車内の保温に役立つサンシェード

ブラインドシェード

冬の車中泊で車内の保温が大切になってきます。

特に山間部の冬の夜は冷え込むので、車内の保温に気をつけないといけません。

電気毛布や寝袋は必需品となります。

電気毛布ならポータブル電源から電源を取って使えます。

ブラインドシェードの耐寒データ

寝袋は持っていると重宝しますが、ない場合は自宅の布団と毛布を代用することになります。



それでも、スキー場の駐車場で泊まった時、寒くて眠れないという経験をしたことがあります。

床からの底冷えは強烈だし、閉めきった窓からも外の空気の冷たさを感じました。

窓の対策を怠ってしまうと、冬場のスキー場では寝るどころではありません。



そこで、次からはサンシェードを持参することにしました。

サンシェードといえば、夏場の日よけのイメージですが、ブラインドシェードは保温性に優れており、冬場も重宝します。



このブラインドシェードは素材が凝っているため、外気温をシャットアウトしてくれます。

日本製でしっかりした作りです。

雪の中でのブラインドシェード




ヴォクシーでは、フロントとサイド、リアとすべて窓枠にぴったりです。

ヴォクシーだけでなく、他のメーカーの車でもぴったりのサイズを選べるので、冬の車中泊を計画されている人にはオススメです。


サンシェードを持っていない場合でもダンボールを代わりに使っている車をたまに見かけます。

いずれにしても窓をしっかり覆えば、車内の室温はだいぶ違ってきます。

ブラインドシェードの詳細はこちら>>

このページの先頭へ