スズキ・エブリイの車内泊マット~荷室にぴったり収まる

エブリイの荷室に車内泊の専用マット

荷室空間が広々としたスズキのエブリイは、車内泊シーンで見かけることが多い軽自動車です。

エブリイの荷室の長さが186センチもあり、大人ふたりが足を伸ばしても余裕で寝転ぶことができるのが人気のひとつです。

また軽自動車でありながら、天井が高く、車内空間を広く感じさせます。

そして荷室は後部座席をたたむだけで、段差のないフラットな床になります。

フラットな床が手に入るだけでも大きなメリットですが、車内泊専用のマットを敷けば、さらに充実した眠りを実現できます。

オンリースタイルの車内泊マットは10センチ厚の高さがあり、とにかく寝心地満点です。

一度寝たら、朝までぐっすり眠れるので、朝に疲れが残りません。

家の布団で寝るのと同じ快適さです。

車内泊のために開発されたマットですが、自宅用としても利用できるほど、つくりがしっかりしています。

一度使ったら手放せない専用マットです。

エブリイにぴったりの車内泊マット、詳細はこちら>>

このページの先頭へ