「マットレス」の記事一覧

アルファードにぴったりの車中泊専用マット

アルファードで車内泊、後部座席をフルフラットにすると広々とするのですが、いざ寝転んでみるとかなり段差と凹凸があります。 市販のクッションなどを使っても背中や腰が圧迫されて痛くなるし、寝返りもままなりません。 これでは疲れ・・・

デリカD5の車中泊専用マット

デリカD5は、2列目シートと3列目シートを倒すと、かなりフラットな空間ができます。 しかし、ここに寝転んでみるとわかりますが、段差がかなりすごいです。 車内泊で、この段差はかなりキツイ。 熟睡どころか身体を痛めそうなほど・・・

ハイエース200系の荷室マット~ラゲッジ3Dソフトトレイ

ハイエース200系の荷室の汚れやキズを防止したい・・・。 仕事やプライベートで200系を思う存分使うた人のための荷室マットがUI-vehicle(ユーアイビークル)のラゲッジ3Dソフトトレイです。 使い勝手は軽くて丈夫、・・・

スズキ・エブリイの車内泊マット~荷室にぴったり収まる

荷室空間が広々としたスズキのエブリイは、車内泊シーンで見かけることが多い軽自動車です。 エブリイの荷室の長さが186センチもあり、大人ふたりが足を伸ばしても余裕で寝転ぶことができるのが人気のひとつです。 また軽自動車であ・・・

ステップワゴンの後部座席がベッドに変わるマットレス

車で寝る車内泊は、どうしても眠りが浅くなったり寝付けなかったりしがちです。 少しでも快適に夜の車内で過ごすのに段差のない空間は欠かせません。 いったん眠りについたら朝までぐっすり寝ていられるマットが、オンリースタイルのマ・・・

セレナの車内泊マット~座席の段差をフラットに変える

車内泊の最大の魅力は、どこかの宿で宿泊することに比べて宿泊費用がかからないことです。 しかし、車内での睡眠時に我慢を強いられたら苦痛で身も心も辛くなってしまいます。 そのため、セレナでゆっくり眠るためには布団のような快適・・・

ハイエース200系の専用マット【くるマット】~荷室にぴったりフィッティング

趣味職人のくるマットは、ハイエース200系の標準ボディー専用のマットです。 200系標準ボディー用に設計されているため、ワイドボディー、スーパーロングボディーには対応していません。 くるマットのいいところは、荷台スペース・・・

車中泊専用マット(オンリースタイル)

今までは後部座席を倒し毛布や布団などを敷いて寝ていたという人が車中泊専用マットに替えるケースが増えてきています。 やはり、車内泊は自宅とは勝手がちがい、毛布や布団では翌朝起きたときに疲れは取れないものです。 車内ではシー・・・

ヴォクシー(VOXY)の後部座席を倒して快適に寝る方法

ヴォクシー(VOXY)の後部座席を倒せば、一応は平らになりますが、このままではシートの隙間や凹凸があります。 とくに3列目の背もたれと座面の間には深い沈み込みがあり、寝転んでみると、とても気になってしまいます。 じっと寝・・・

このページの先頭へ